伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

家を建てると補助金がもらえる!?政府もおすすめする「ZEH」って何?

家を建てるとき、住宅の設計や性能に少しこだわって「ZEH」にすると、国から省エネ補助金がもらえてお得です。ただ、「ZEHって一体何なの?」と疑問に思う方もいるでしょう。そこで今回は、ZEHとは一体何なのか、またどうすれば補助金をもらえるのかを解説していきます。

 

■ZEH(ゼッチ)って、なんのこと?

ZEH(ゼッチ)とは、国が推進する省エネ住宅の基準です。
具体的にいうと、
・高い断熱性能(夏は涼しく冬は暖かい)
・省エネ設備(電気やガス等のエネルギーをたくさん使わない)
・太陽光発電等のエコな発電システム(家で使うエネルギーを自家発電できる)
を備えた、「使う電力より生み出す電力の方が多い住宅」のことを指します。

東日本大震災後に起きた電力供給の不安定化や、燃料資源の高騰などを受けて、「省エネ住宅を増やそう」と考えた政府によって作られました。

 

■ZEHを建てると、国から補助金が受けられる

ZEHを建てると、国から補助金がもらえます。
平成30年度の基準では、個人がもらえるZEHの補助金は以下の3種類です。

・ZEH:70万円+蓄電システムの補助(最大30万円)
・ZEH+:115万円+蓄電システムの補助(最大45万円)
・低炭素化促進事業:90万円

各補助金について、より詳しい内容を見ていきましょう。

・ZEH:70万円+蓄電システムの補助(最大30万円)

・高断熱
・省エネ
・太陽光発電等の発電システム
を備えたZEHの家を建てると、定額で70万円の補助金をもらえます。
また、太陽光発電等の発電システムは、蓄電設備がないと作った電気を蓄えておくことができません。蓄電システムの容量は設備によって変わってくるため、「蓄電システム1kWhあたり3万円」を基準に補助金が受けられます。

ただし、蓄電システムへの補助金は無制限にもらえるわけではなく、

・最大30万円
・蓄電システムの設置にかかった費用の3分の1
のどちらか低い方が上限です。

・ZEH+:115万円+蓄電システムの補助(最大45万円)
ZEH+というのは、平成30年度にできたZEHの上位版。
ZEHよりもさらに高性能な断熱性や省エネ設備を導入することが条件になっていて、

・ZEH以上の強化外皮基準(地域ごとに設定された天井・壁等の断熱基準のこと)
・HEMSの設置(電力使用量)
・電気自動車用の充電設備等の設置
の内、2つ以上を満たしている必要があります。

ちなみに、「強化外皮基準」は地域ごとに設定されている天井・外壁等の断熱基準のこと。HEMSというのは、電力使用量を見える化して、さらに自動で家電の節電等をしてくれる管理システムのことです。

通常のZEHよりも基準が厳しいため、ZEH+の家を建てると定額で115万円の補助金をもらえます。さらに、蓄電システムの補助金も、

・最大45万円
・蓄電システムの設置費用の3分の1
のどちらか低い方と上限額が大きいです。

・低炭素化促進事業:90万円

・CLT(直交集成板):木目が交差するように張り合わせた高機能な木材
・地中熱利用技術
・太陽熱利用技術
のうち、どれかひとつでも採用していると、ZEHやZEH+の補助金に加えて90万円の補助金を受けられます。

 

■ZEHを建てられるのは、認定されたビルダーだけ

ZEHの家は、どこのハウスメーカーでも建てられるわけではありません。
「2020年までに新築住宅の半数をZEHにする」と宣言し、国に認定された「ZEHビルダー」の手がけた家だけが、ZEHとして認めてもらえます。

 

■まとめ

省エネ住宅に興味がある方、高機能な家をお得に建てたい方は、「ZEH」の基準をクリアして国から補助金をもらいましょう。「ZEHビルダー」に認定されている伊豆エコの家なら、標準プランのOMソーラーを太陽光発電も可能なタイプに変更することで、ZEH仕様を目指すことも可能です。ZEHについて、そしてZEHの補助金についてわからないことがあれば、ぜひ当店にご相談ください。

 

 

 

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る