伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

家を建てる人は要注意!冷暖房が体に与えるリスクとは

注文住宅を建てるときは、必要最低限の冷暖房で快適に過ごせる家を選びましょう。見た目や内装がどれだけおしゃれでも、夏暑くて冬寒い家にはさまざまな健康リスクがあるからです。

そこで今回は、夏場の冷房が体に与える影響や、冬場に気をつけたいヒートショック、体に優しくエコな冷暖房が欲しい方におすすめの「パッシブエアコン」について説明します。

 

■冷房が体に与える影響とは?

人間の体温調節機能を管理しているのは、自律神経です。
暑くなって体温があがると汗をかいて体を冷やし、寒くなって体温が下がると手足の血管を収縮させ、体から熱が逃げないようにしています。
ただ、自律神経は5℃を越える急激な温度変化についていけません。
そのため、夏場に冷房を強くかけた部屋で長時間過ごしたり、涼しい部屋と暑い外を何度も出入りしたりすると、自律神経のバランスが乱れてスムーズな体温調節ができなくなってしまいます。その結果、肩こり・頭痛・倦怠感・食欲不振・冷えなどの不調、いわゆる冷房病になってしまうのです。

また、人間には季節の変化に適応する力があります。冬から春になったときは気温が20℃程度でも汗をかくほど暑く感じるのに、夏から秋になって気温が20℃くらいになると肌寒く感じてしまうのは、季節ごとの平均気温に体が慣れているからです。しかし、夏でも普段から冷房をきかせた部屋で過ごしていると、夏の暑さに慣れることができません。少し外で過ごしただけでも夏バテになったり、気温の高さからくる体調不良に悩まされたりしてしまいます。

 

■冬場のヒートショックにご注意

冬場に気をつけたいのが、暖かい場所から寒い場所へ移動したときの温度差によって起きるヒートショックです。
暖かい部屋から凍えるほど寒い廊下へ移ったり、熱い湯船から極寒の脱衣所に出たりすると、温度差に体が混乱して血圧が変動してしまいます。激しい温度差によるショックは、心筋梗塞や脳梗塞などにもつながり、最悪の場合、死んでしまう可能性すらあるのです。

とくに危険なのが、服を着て防寒することができない入浴時のヒートショック。厚生労働省が公表している「人口動態調査」によると、2015年に風呂場で溺死した人の数は「5,160人」でしたが、2017年には「5,941人」まで増えています。(※1)

ヒートショックによる被害の中で、圧倒的に多いのは加齢によって血管がもろくなっている高齢者です。少子高齢化が進む現代日本では、自分の老後を守るためにも、家を建てる際に冷暖房環境を整える必要があります。

(※1)厚生労働省:人口動態調査 家庭における主な不慮の事故の種類別にみた年齢別死亡数及び百分率
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&query=%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B&layout=dataset&toukei=00450011&stat_infid=000031749405

 

■24時間全館空調の効果

冷暖房の悪影響を防ぐために大切なのは、廊下などの空間も含めて、家全体をいつも快適な室温に保っておくことです。
とはいえ、家中にエアコンを設置して冷暖房を作動させておくわけにはいきません。エアコンの設置にもお金がかかりますし、毎月の電気代が跳ね上がってしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのが「パッシブエアコン」という設備です。
夏は天井の吹出口から励起を排出し、冬は床吹出口から暖気を送り込み、四季を通して快適な室内環境を維持することができます。パッシブエアコンは効率的な省エネ運転で屋内全体をゆっくり温度調整しますので、お財布にも優しいエアコンです。

また、エアコン本体は屋根裏に収納できますし、室外機が一つだけで良いため、エアコンが邪魔になることもありません。

 

■まとめ

パッシブエアコンを導入すると、ひとつの冷暖房機器で家中の温度をキープできるようになります。夏場の冷房病や冬場のヒートショックを防ぎ、冷暖房の費用を節約して一年中快適に過ごせる冷暖房環境に興味がある方は、ぜひ一度イズエコへご相談ください。

 

 

 

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る