伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

環境にもお財布にも優しい!エコハウスの特徴を解説

いわゆる「エコハウス」や「省エネ住宅」は、環境にもお財布にも優しい住宅です。では、エコハウスはどうして環境や家計に優しいのかご存じでしょうか。エコハウスが気になっている方に向けて、エコハウスの特徴をご紹介します。

 

■断熱性能が高いから一年を通して冷暖房費を節約できる

「エコハウス」が省エネ住宅と呼ばれるのは、年間の冷暖房費を一般的な住宅よりも節約できるからです。
エコハウスでは、壁・屋根・窓などに断熱性能の高い素材を使っています。
壁や屋根、窓などの断熱性が高いと、外から余計な熱が入ってきませんし、窓から室内の熱が逃げてしまうこともありません。夏場は室温の上昇を防ぎ、冬場は室内の暖かい空気が外に逃げてしまうのを防いでくれるため、一年中快適な室温をキープできるのです。

また、エコハウスは気密性も高くなっています。気密性が高い=隙間がない住宅は、窓やドアを閉め切っている限り涼しい風や暖かい空気が逃げません。断熱性と機密性を両立しているからこそ、エコハウスは冷暖房費が安く、家計に優しいのです。

 

■太陽の熱を利用して環境に配慮

冷暖房費は、通常夏よりも冬のほうが高くなります。理由は単純で、快適に過ごせる室温と外気温の温度差が、夏場よりも冬場の方が大きいからです。

夏場の気温は、猛暑日でも40℃程度。エアコンを使い、室温を26℃くらいまで下げれば快適に過ごせます。しかし、冬場は氷点下になることも少なくありません。快適に過ごそうと思ったら、室温を20℃程度まで暖める必要があるでしょう。

40℃から26℃にするより、0℃から20℃にする方が気温差は大きいです。冬場はエアコンの仕事量が増え、消費電力も増えてしまうため、エコに配慮する場合は「どうやって冬場の暖房代をカットするか」を考える必要があります。

そこで役立つのが、太陽の熱を利用するシステムです。自宅に太陽光発電システムがついていれば、暖房用の電力を節約できます。
他にも、OMソーラーがあれば、太陽光が出ている間は太陽の熱を使って床全体を温めることが可能。更に、春から秋の間は太陽の熱を使ってお湯を沸かすことも可能です。

このように、エコハウスには太陽の熱を使うエコな設備が導入されているため、環境にも優しいのです。

 

■間取りの一工夫で消費エネルギーを削減できる

自然に優しい家を手がけるイズエコでは、調湿・消臭作用を持った塗り壁や天然の無垢材を使い、日当たりや風通しを計算して住宅の間取りを決めています。
地域や季節ごとの風向きに合わせて窓の向きや数を決め、上階には夏場の熱い空気が抜けるように高窓を設置。吹き抜けを使って建物全体に風の通り道を確保しているため、窓を開けるだけで涼しい風が入ってくるのです。また、住宅内の空調も計算しているので、エアコン等を使った場合も、暖かい空気や涼しい風が効率良く家の中を循環してくれます。

さらに、断熱性アップを考える上で外せないのが窓の遮光です。夏場、外から入ってくる熱の約7割は、窓から入ってきます。そこで、日除け用の軒やひさしを活用して夏場の強い直射日光を防ぎ、室温の上昇を防いでいるのです。

ほかにも、日中照明を使わなくても快適に過ごせるように、昼間に良く使う部屋には窓を2面以上設けたり、透明性の高いドアを使ったりして採光性も高めています。

高断熱・高気密で太陽熱を利用するエコなシステムを備え、さらに消費エネルギーを下げる間取りの工夫を取り入れているのが、弊社のイズエコをはじめとしたエコハウスの特徴です。

 

■まとめ

家を地域や周辺環境によって、最適な日当たりや風通し、間取りの工夫は変わってきます。年間を通して冷暖房のコストを抑え、さらに環境にも配慮できるエコハウスに住みたい方は、さまざまなシミュレーションができるイズエコにご相談ください。

 

 

 

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る