伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

手入れして長く暮らす「長期優良住宅」認定で得られるメリットとは?

住宅の資産価値は、建ててから約20年経つとほぼゼロになってしまいます。
資産価値の低い家はリフォームする場合もローンが組みづらく、売却するにしても高く売るのが難しいため、「古くなったら壊して新築する」という建築方式が一般的です。しかし、築年数が古くなっていても、まだまだ使える家を建て替えるのはエコではありません。

そこで近年注目されているのが、お手入れして長く使っていける住宅の認定制度である、「長期優良住宅」です。

今回は、長期優良住宅認定とは一体何なのか、認定を受けるとどのようなメリットがあるのかを解説していきます。

 

■長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、「きちんとお手入れしていれば、長期間安心・快適に暮らせる長寿命住宅」のこと。長期優良住宅の認定条件は、以下の9つです。
1.劣化対策がされている(劣化対策等級3)
2.一定以上の耐震性を持つ(耐震等級1または2、もしくは免震建築物である)
3.可変性がある(必要に応じて間取りを変更できる)
4.メンテナンスをしやすい(維持管理対策等級3)
5.バリアフリーである(高齢者等配慮対策等級3以上)
6.省エネ対策がされている(断熱等性能等級4)
7.十分な広さ(床面積75㎡以上)がある
8.地域の景観等に配慮している
9.建てた時点で長期的な維持保全計画がある

 

■長期優良住宅に認定されると、こんなメリットが

・住宅ローン控除の上限が400万円→500万円にアップ
住宅ローンを組んで家を建てると、所得税や住民税が安くなります。
なぜかというと、ローン残額の1%を10年間所得から控除できる「住宅ローン控除」という税の特例があるからです。この住宅ローン控除の控除額の上限額は、一般住宅の場合最大400万円。しかし、長期優良住宅は最大500万円までアップします。

ただし、具体的な控除額はそれぞれの年収や納税額によって違うため、長期優良住宅にすれば全員が500万円の控除を受けられるわけではありません。

・不動産取得税の控除額も増える

不動産を買うと、「不動産取得税」という税金がかかります。不動産取得税も、

・一般住宅:1,200万円
・長期優良住宅:1,300万円
このように、控除が100万円増えるのでお得です。

・固定資産税の減免期間が「1~3年」から「1~5年」に延長
新築で家を建てると、一般住宅は最大3年間固定資産税が半額になります。しかし、長期優良住宅なら、固定資産税の減免期間が「最大5年」に延長されるのです。

・登録免許税が安くなる
不動産の所有権は、法務局の「登記」によって管理されています。家を建てる場合は「登録免許税」という税金を納めて登記の手続きをするのです。

そんな登録免許税の税率も、一般住宅より長期優良住宅の方が安くなります。

・保存登記:(一般)0.15%→(長期)0.1%
・移転登記:(一般)0.3%→(長期)0.2%

・「フラット35S」や「フラット50」等を利用できる
長期優良住宅は、住宅金融支援機構が提供する通常の「フラット35」よりも金利の安い「フラット35 S」、返済期間の長い「フラット50」といったお得な借り入れプランを利用可能です。

 

■将来資産として考えられる住宅づくりを

長期優良住宅は、エコで環境に優しく、資産価値が高いため、将来的にもし売ることになったとしても高額売却が狙えます。
お手入れをしていれば住まいとして長く使えるので、現役で使える資産として子どもたちに残すことも可能です。家を建てるなら、将来資産として考えられる高機能・長寿命な長期優良住宅を選びましょう。

 

■まとめ

長寿命な長期優良住宅は、住まいとしての性能も高いのが特徴です。
イズエコでは、長期優良住宅に関する相談も受け付けています。税の優遇を受けながら、自然に優しい快適な暮らしを実現したい人は、ぜひ一度イズエコにご相談ください。

 

 

 

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る