伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

子供からご高齢の方まで安心!住宅に自然素材を使うメリット

イズエコの特徴は、「その風土にあった、その土地ならではの自然素材を使った家づくり」へのこだわり。
たくさんある建材の中で、どうしてイズエコが自然素材を重視しているのかを知っていただくために、「自然素材の良さ」をお伝えします。

自然素材は化学物質等の影響が少ない

フローリングや石膏ボードを使った洋風の住宅は、掃除もしやすく施工も楽。
しかし、素材そのものや塗料、接着剤等に化学物質が含まれているため、人によってはシックハウス症候群やアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。

せっかく憧れのマイホームを建てても、家の中にいるだけで目や喉が痛んだり、めまいがしたりすれば快適に暮らしていけません。

その点、イズエコの家で利用している日本伝統の塗り壁や、国産木材などの自然素材は、化学物質等の影響が少なく、安心して暮らせる家を作ることができます。

木材はほど良く柔らかいため転んでも怪我をしづらい

コンクリートの床と木材でできた床、転んだとき、どちらの方が大きな怪我をしやすいでしょうか?

自然素材、特に木材はある程度の柔らかさを持っているため、転んだり手足をぶつけたりしても怪我をしづらいというメリットがあります。体の重心が不安定で転びやすいお子さんや、足腰に不安のあるご高齢のご家族がいる場合、住宅の内装には自然素材を使っていた方が安心して暮らせるでしょう。

また、伊豆エコで利用している静岡のブランド木材「富士山「檜輝」」は豊かな香りやなめらかな質感が特徴。見た目も美しく、手ざわりも優しいのです。

内装に使うことで調湿・断熱・消臭効果を期待できる

無垢材や塗り壁は、湿度が上がると湿気を吸い込み、湿度が下がると内部に溜め込んでいた湿気を吐き出すため、室内の湿度を適度に保ってくれます。

また、無垢材は、実は断熱性・蓄熱性の高い建材です。夏はひんやりと涼しく冬は温かい。自然素材を使った住宅はそんな理想的な環境を実現してくれます。
また、日本古来の塗り壁は、生活臭やタバコの臭いなどを吸着する作用も持っています。

鉄筋コンクリートと比較すると木造はコストにも優れている

注文住宅を建てる際、木造と鉄筋コンクリート造のコストを比べると、より建築費が安いのは木造です。

国土交通省が公表している「住宅着工統計」によると、「木造一戸建て」の工事費は1m2当たり「18万円」ですが、「鉄骨鉄筋コンクリート造の一戸建て」は1 m2当たりの工事費が「25万円」となっています。(※1)

(※1)s-Stat:住宅着工統計2016年:34(新築住宅)利用関係別、構造別、建て方別(住宅の工事費)/戸数、床面積、工事費予定額、1戸当たり工事費予定額、1平米当たり工事費予定額
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00600120&tstat=000001016966&cycle=7&year=20160&month=0

リフォームをしやすい

木材や塗り壁など、内装や基礎に自然素材を使っているとリフォームをしやすいのもメリットです。木造住宅なら、古くなったり壊れたりした部分を簡単に壊して交換できます。

しかし、コンクリートは完成した瞬間から品質や耐久性が劣化していく建材です。
どこかにヒビが入ったとしても、問題のある場所だけを取り替えるという方法を取れません。
床や壁、天井など基礎に当たる部分をリフォームするのは大変なので、長く住んで将来的に住みやすいようリフォームしたいと考えているなら、自然素材を使った木造住宅を選ぶことをおすすめします。

まとめ

自然素材を使ったマイホームには、

・化学物質等の影響が少ない
・適度に柔らかいため子供やご高齢の方が転んでも怪我をしづらい
・調湿・断熱・消臭効果が期待できて快適に過ごせる
・鉄筋コンクリート造よりコストが安い
・将来的なリフォームも楽

といったメリットがあります。

ただ、ひとくちに自然素材といっても、なかにはあまり品質が良くないものがあるのも事実。

マイホームは、買ってから何十年と住み続ける生活の基盤。高品質な国産の自然素材を使った家づくりが気になる方は、ぜひ一度イズエコにご相談ください。

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る