伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

一年を通して省エネで過ごしやすい空間を作る!パッシブエアコンのメリットとは

夏の暑さや冬の寒さに影響されず、一年を通して快適に生活するもっとも手軽な方法は、エアコンを使うこと。ただ、エアコンでは足元が温まらない、頭の周りが冷えないということもありますし、1日中エアコンをつけっぱなしにしておくと、電気代もかかり省エネともいえません。

そこで注目されているのが、パッシブデザインを採用することでその効果を最大限に活かすことができる「パッシブエアコン」という設備。

今回は、省エネや節電をしながら家の中を常に快適に保ちたい方へ向けて、パッシブエアコンのメリットをご紹介します。

省エネで快適な空間を維持できる

パッシブエアコンは、1台で家全体の冷暖房をと1階の全面床暖房を行う全館空調システムです。
パッシブエアコンは基本的に24時間稼働しており、1台で家全体を管理するということから、電気代が非常に高くなるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そもそもエアコンは起動時にもっとも電力を消費します。そのため、頻繁にエアコンのオンオフの切り替えをすると、つけっぱなしの状態よりも電気代が上がってしまいます。

パッシブエアコンは高い断熱性・気密性を誇る住宅で設置しますので、少ないエネルギーで快適な空間を維持することができます。
実際にパッシブエアコンの販売元のOMソーラー株式会社の地域別シミュレーションのデータからみると、関東・東海エリアは月々3000円弱の電気代に抑えることが可能です。

パッシブエアコンは床下から家全体を暖めてくれる

パッシブエアコンはダクトを通して床下から暖気を送り、1階全体の床暖房を行います。
家全体の空調や風の通り道を計算し、エアコンの風がうまく家中を循環するような設計にしているため、一般的なエアコンのように「閉め切った室内で使っていると息苦しくなる」といった問題もありません。

伊豆エコでは壁や窓などに断熱性の高い素材を使っており、OMソーラーを導入した場合、昼間に蓄えた熱や夜間家を暖めるための熱を逃さず活用できるようになっているのも特徴。

小さな子どものいるご家庭も安心

通常の壁掛けタイプのエアコンの場合、冬場は足元が寒く、夏場は頭の周りが暑いという経験はありませんか。ご存じかとは思いますが、これは暖かい空気は部屋の上へ上り、冷たい空気は下へ流れる性質があるからです。

そんなときにエアコンの設定を強くする方も多くいらっしゃるかとは思いますが、小さなお子さまがいらっしゃる場合は特に注意が必要。大人の快適と感じる気温は子どもにとっても快適とは限りません。子どもは大人と比べて体温調整機能が未熟なため、大人よりも冷房の影響を受けやすくなっています。

パッシブエアコンは通常のエアコンと違い、暖かい風や冷たい風を直接吹き付けるわけではありません。温風は窓際や壁際の吹き出口からふわふわと流れ、冷風は天井の吹出口から冷気がゆっくり降りてくるようになっています。

そのため、パッシブエアコンなら気流感を感じることはなく、家全体の室温のムラもなくせるため、大人も子ども過ごしやすい状態を作り出せます。

家全体がムラなく暖まるためトイレや浴室への移動も快適

パッシブエアコンを設置する住宅は断熱性能が高く、パッシブエアコンによって家全体がムラなく暖まります。
空気の通り道を計算して間取りを作るため、開放感のある吹き抜けなどがあっても、家の中が冷えません。また、家全体の温熱環境を管理するパッシブエアコンなら、「リビングは暖かいけど、廊下・トイレ・浴室は寒い」といった「家の中の寒暖差」も生まれづらくなります。

たとえ家の中でも、あまりにも寒暖差がある場所を行き来すると、ヒートショックを起こす危険性があります。家族の健康のためにも、注文住宅には家全体を暖められるパッシブエアコンのような設備を使用しましょう。

まとめ

エコで省エネなだけでなく、快適性まで高いのがパッシブエアコンのメリットです。
ただ、パッシブエアコンを活かすためには、空気の流れや日当たり等を綿密に計算したうえで家づくりができる工務店が必要になってきます。自宅では快適に過ごしたいと思われる方は、ぜひ伊豆エコへご相談ください。

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る