伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

高断熱の家に住むと健康になる!?「有病率」と断熱性の関係とは

「断熱性の高い家」を選ぶと、病気になるリスクを下げられます。
ただ、「高断熱の家に住めば健康になる」といわれても、すぐには納得できない人もいるでしょう。

そこで今回は、有病率と断熱性の関係から、高断熱の家を選ぶべき理由を解説していきます。

有病率って何?

有病率とは、「何らかの病気になっている人の割合」のこと。
計算方法は単純で、「集団内で病気になっている人の数」を「集団の人数」で割って求めます。

普段目にする機会のない専門用語ですが、有病率と住宅の断熱性に関連性があるかどうかは、国際的にも注目されているテーマのひとつです。

たとえば、ニュージーランドでは「断熱改修をした家とそうでない家で暮らした場合、住民の健康状態にどの程度差が出るのか」について調査されています。
そして、日本で行われた同様の調査に限定しても、住宅の断熱性能が高くなると有病率が下がることがわかっているのです。

データから見る高断熱住宅の意外なメリットとは

・断熱性能の高い家に住むと高血圧のリスクが下がる
慶應義塾大学の伊香賀俊治教授が実施した調査研究によると、高知県と山口県で住宅の断熱性と健康の関連性を調べたところ、「リビングの室温が10℃低くなると血圧が4.3mmHg高くなる」という結果になりました。(※1)

断熱性の低い寒い家で生活していると、それだけで高血圧のリスクが上がってしまうのです。

さらに、この調査では住民が高齢であればあるほど室温と血圧の影響が大きくなることも指摘されています。

高齢になってから家を建て替えるのは大変です。
健康リスクを考えると、最初から断熱性能の高い家に住む方が賢い選択といえるでしょう。

(※1)KAKEN:科学研究費助成事業データベース:健康維持便益を統合した低炭素型居住環境評価システムの開発
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-23246102/23246102seika.pdf

・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎の有病率も改善
2011年に発表された、健康と住まいの断熱性に関する調査をご紹介します。(※2)
こちらの調査は、とくに断熱対策をしていない一戸建てから、国が定めるエネルギー基準をクリアした高断熱住宅へ引っ越した人を対象に行われたアンケート。

調査の結果分かったのは、高断熱住宅への引越し後、アレルギー性鼻炎の有病率が「27%」改善していることでした。
さらに、アレルギー性結膜炎の有病率も「33%」が改善しています。

(※2)J-STAGE:健康維持がもたらす間接的便益(NEB)を考慮した住宅断熱の投資評価
https://www.jstage.jst.go.jp/article/aije/76/666/76_666_735/_pdf

・その他8つの疾患に関する有病率も改善

2011年の調査では、

・高血圧性疾患
・アトピー性皮膚炎
・気管支喘息
・関節炎
・肺炎
・糖尿病
・心疾患
・脳血管疾患

の改善率も調査しました。

結果からいうと、上記8つの病気すべてで有病率が改善しています。
断熱性能の高い住宅で生活すると、病気のリスクが下がるという結果になったのです。

・病気になるリスクが下がれば将来の医療費も節約できる
断熱性の高い家を選ぶと、冷暖房費をはじめ、医療費といった暮らしのコストまで節約できます。

高断熱住宅に住んで健康で居続けた場合、将来かかるはずだった医療費も安くなりますし、仕事を休むことで給与が減ってしまうといったトラブルもありません。
具体的な金額でいえば、年収449.6万円の中所得世帯で、年間約2万7,000円分得する計算になるのです。(※2)

まとめ

高断熱住宅に住むと、様々な病気の有病率を下げられます。

人生100年時代の現代日本では、健康はいくらお金を積んでも手に入らない貴重な財産です。

高齢になればなるほど室温の低さと健康リスクの関連性は大きくなるため、将来のことを考えるなら、断熱性の高い家を建てましょう。

病気になりにくい健康住宅について知りたい方は、伊豆エコまでお問い合わせください。

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る