伊東市で自然素材使用の新築一戸建て住宅「伊豆エコ」
Now Loading

IZUECO COLUMN

パッシブデザインの意外な魅力!「通風」にこだわる家は長持ちする

伊豆エコの家でも採用しているパッシブデザインは、太陽光や風などの自然エネルギーを使って、快適な生活を実現する住まいの工夫です。

ただ、パッシブデザインのメリットは、居心地の良さだけではありません。
パッシブデザインは、通風にこだわって住宅を長持ちさせる「湿気対策」でもあるのです。

今回は、住宅の寿命を左右する湿気と通風の関係や、通風にこだわったパッシブデザインの魅力をご紹介します。

自然素材を使った健康住宅。何もしないと「湿気」に弱い

・家の中がじめじめしていると内装や基礎が劣化する
湿気は、住宅を劣化させる大きな原因のひとつです。
家の中がじめじめしていると、湿気から結露が生まれ、カビが生えて木材を腐らせてしまいます。

とくに怖いのが、目には見えない壁の中や基礎といった住宅内部の腐食。
どれだけ高品質な自然素材を使っていても、家を支える木材が腐ってしまえば住宅は長持ちしないのです。

・過剰な湿気はシロアリ被害を招くことも
湿気の問題点として、忘れてはならないのがシロアリ被害。

シロアリは、日本全国で活動し、餌や巣作りに向いた環境を見つけると家の地下やちょっとした隙間から住宅内に侵入して木材を食い荒らす害虫です。

そんなシロアリは腐った木材を好んで食べるため、過剰な湿気を放置していると、気付かない間に基礎や壁の内側をスカスカにされてしまいます。

通風にこだわると家は長持ちする

湿気や結露による被害を防ぐもっとも効果的な方法は、換気です。

湿気や結露、結露によるカビの繁殖は、風通しが悪く空気のよどみやすい場所に発生します。
逆にいえば、通風さえ確保されていれば湿気・結露・カビによる被害の大部分を防ぐことができるのです。

ただ、換気をするために毎日家中の扉を開け放つというのは現実的ではありません。
基礎部分にも換気は必要です。

だからこそ、家を建てるときは、意識しなくても室内を換気できる通風にこだわった住宅を選ぶ必要があります。

パッシブデザインが快適な通風を実現できる理由

・りんご型平面を採用しているため通風が遮られない
パッシブデザインの間取りは、部屋をたくさん作って壁や廊下で区切る「ぶどう型平面」ではなく、ひとつの大空間を共有する「りんご型平面」です。

ぶどう型平面の家と違って、大空間の通風を確保するだけで家全体を換気できます。

また、家全体の室温を一定に維持する構造なので、部屋ごとの温度差で結露が発生する心配もありません。

・風向きに合わせたウィンドキャッチャーで効率的な換気を手助け
伊豆エコのパッシブデザインでは、地域や季節ごとに異なる風向きを分析して、効率良く自然風を家の中へ呼び込めるように「ウィンドキャッチャー」を設置しています。

一般的な住宅と違い、自然のエネルギーを効率良く利用して換気できるのが、パッシブデザインの強みです。

生活しているだけで、ある程度換気することができます。

・位置や大きさまで考慮した窓の設計で住宅内の通風をデザイン
最適な通風を実現するため、住宅内にある窓の位置や大きさまでこだわって通風をデザインしているのがパッシブデザインの特徴です。

さらに伊豆エコでは、ただ単に風が良く吹く方向に合わせて窓を設置したり、りんご型平面で広い空間を確保したりするだけでなく、吹き抜けや高窓を使って上下の通風も確保しています。

湿気を含んだ温かい空気が天井付近に溜まることを考えて、より効率的に換気できるよう工夫しているのです。

まとめ

自然素材を使った健康住宅を長持ちさせるために、通風にこだわった家を選びましょう。
風通しに配慮した長寿命の住宅について詳しく聞きたい方は、ぜひ一度伊豆エコまでお問い合わせください。

伊豆の健康住宅で心地いい暮らしを。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら >

お問い合わせ
ページのトップへ戻る